スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日出勤

今日は昼から休日出勤になってしまた

天気が良いので練習に行くのには絶好なのに・・・

予定より少し早めに会社に行き
Palmのデータを消してしまったので再度Windows母艦より転送する事に

話が前後するが、
数名で進めている仕事の予定を共有する為にPalmを使う事にした
がネットに接続していないので今ひとつ使い勝手が悪い
又、PalmよりiPhoneの方が使い易いのでどちらかと言えば
iPhoneを使いたい

って事で
googleカレンダーをマスターカレンダーにしてそれに対してシンクする
方法を構築する事にした

PalmDesktopで作成している予定をgoogleに転送したいのだが、
Windows版のPalmDesktopからは予定を一括でical形式で出力出来ない
エクスポートできてもバックアップファイルしか出来ない

Mac版のPalmDesktopなら何とか成るかと試してみたが・・・
Windows版のPalmDesktopのバックアップデーターは直接読めない

後はPalm本体とシンクするしか無い
シリアルポートが無いmacとシリアル接続のPalmを接続する為の
ハードルが・・・・

このハードルは昨日で解決。で新しい発見が
MacOsXとPalm を接続するんなら、使えないPalmDesktopでは無く
iSyncを使えば直接iCal に読み込める事がわかった

これでWindows版PalmDesktopのデーターをPalm本体を介して
Macを使う事でiCal形式で吐き出す事が出来る様に成った

これで、googleでインポートしたらOK

ただこのままでは、予定の追加等の作業とシンクが大変なので
googleとiCalをリンク出来ないか模索する事に

このハードルは簡単にクリアした
iCalにアカウントを追加してgoogleのアドレスを入れると
iCalとgoogleカレンダーを直結出来iCalで編集が出来る

ただ、このカレンダーはPalmやiPhoneから入力したデーターを
シンクする事が出来ない

iCalから端末への一方通行に成ってしまう
この辺は会社ではgoogleカレンダーで直接編集する事で何とか成りそう


スポンサーサイト

引き続き調べ物

palmとiPhoneをシームレスに少ない手順でシンクする方法を模索中

大筋が見えて来たが第一の関門が
Mac Os X を母艦にしてMac のiCalにPalmをシンクする
これは、iSyncを使えば出来るはずなのだがどうもうまく行かない
USBシリアル変換ケーブルがうまく動作していな様だ

いろいろ調べてみたのだが、ArvelのSRC06-USBは
Windows用のドライバーは有るがMac用はメーカーから出ていない
しかしチップの製造元のドライバーを使えるらしいのでインストールしてみる

Mac使いはドライバー等で苦労する事がしばしば・・・

何とかシリアルポートをオープン出来たので
PalmDesktop に同梱されているHotsyncをインストールし
iSyncの環境を整えて、Palmとシンクしてみる事に

うまく接続出来たのだが、環境設定がまずかった?らしく
Palmの予定表が全て消えてしまった・・・

明日は休日出勤の予定なので
明日に置いているWindows母艦より再度Syncしてマスターデーターを
Palmに入れる事にしよう

iPhone を使ってみて

このブログの記事をiPhoneから書こうと試みたが、スクリーン上のタッチパッドのキーボードは
確かに使い難い、又フルキーボードではボタンが小さく成りミスタッチが・・・

普通の携帯みたいな入力方法も有るが、これもキータッチが無い為入力してる感触が無い
メールもウエブも基本的に見る事で、iPhoneから発信は先ず考えない方が良いかも

カレンダーに予定を追加したり、メモ帳に短いテキストを打ち込む位には使えるか

一番ダメな所は、日本語変換が自由に出来ない所かな、今後のrevアップに期待しよう

そんな感じで、Softbankの人が言ってた
「皆さん2台目として購入されますよ」
「電話とかメールは普通の携帯でって人が多いですよ」
は当っていて、今までのauの携帯はそのまま置いといて
新規契約にしたのはやはり正解だったかも

2年したら解約するのは初めから決めてたし
auの通話品質は以前から気に入ってるので止める気は毛頭無いし

初日に部屋の中で3Gの電波がちゃんと届いているにもかかわらず、圏外になるし・・・オイオイ

仕事では殆ど携帯からの発信は無く、時々携帯で電話を受けることが有るので
iPhoneの通話は仕事専用にしよう

今日は昼から天気が崩れて雨に成る予定(天気予報では)だったので、
この時期雨にうたれて風邪ひいてもシャレに成らないので
練習は中止、そう言えば昨日も練習してない・・・

来週から真面目に練習再開しよう

iPod-nanoでDVDを見る

iPod-nano や iPhone が動画再生に対応してるので
DVDの映像を見ることが出来ないかやってみた

やり方は
DVDをリッピングする(DVDをHDDに転送)使ったのは MacTheRipper

リッピングしたDVDファイルをH.264 MP4ファイルに変換。使ったのはHandBrake

使い方は等はHandBrakeやMacTheRipperで検索するとヒットするので省略

HandBrakeの良い所は、
1.変換する際に言語の選択、字幕の選択が出来ること
2.デフォルトプロファイルの中からiPod用のパターンを選択出来ること
3.グレースケール変換が出来るのも案外良いかも
4.変換後のmp4ファイルは、iTuneやQuickTimePlayerで再生した時
  元のDVDと同じチャプター単位で早送りが出来る事
  (ライブDVD等では凄く重宝する)
(一見HandBrake単品で直接DVD→H.264変換が出来る様に見えるが
 市販のDVDはエラーが出て正しく変換出来ない為、一度リッピングする方が良い
 自作DVDでは問題なく変換が出来たと思う、この辺は記憶が怪しい)


追記
HandBrakeはWindowsにも対応しているらしい

iPhone 着メロ変更

iPhoneのデフォルトの着信音がいまひとつなので、自作出来ないか調べてみた

さすがは、macと言ったところか至って簡単に作成する事が出来た
大筋の流れは

1.iTuneに音源を登録
2.音源の「情報を見る」ウインドウを開く
3.オプションタブの開始時間と終了時間を設定して40秒以内の着メロとして
  使いたい範囲を設定する
4.ここで何度か再生して音源を確認、微調整を行う
5.範囲選択が出来たらAAC音源を作成する(AACバージョンの作成)
6.作成された音源を再生してイメージ通りか確認する
7.iTuneのライブラリーから作成した音源を削除する
  (但しファイルは残したままでライブラリーの登録情報のみを削除)
8.作成した着メロ用音源の拡張子を m4aからm4rに変更
9.拡張子をm4rに変更したファイルを再度iTuneのライブラリーに追加
  (iTuneで再生する事で勝手にライブラリーに追加される)
10.m4rファイルはiTuneに着信音として登録されるので
  iPhoneと同期させる事でiPhoneで使える様になる
注:最初に曲の範囲設定した項目は元に戻しておく

macでのやり方だが、windowsPCでも対極は変わりないと思うが
確認してないので何とも・・・

FC2カウンター
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

クロダモ

Author:クロダモ
FC2ブログへようこそ!

AVANT GARDE
和歌山市のサイクルプロショップAVANT GARDE
バイシクルショップ・AVANT GARDE
リンク
相互リンク集
Nowloading…相互リンク集
カテゴリ
最新記事
最新コメント
Pitta!
Ads by Pitta!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。